積み木

マイホームの競売を避ける

積み木とお金

専門業者に依頼して売却

近年、不動産業者に対して「ローンの返済に困っているので家を売りたい」という相談が多く寄せられるようになっています。なかにはそうした相談を専門に扱っている業者もいます。このような場合にまず提案されるのが、任意売却という選択肢です。任意売却とは、ローン滞納中の住宅を市中で売却し、残債を一括返済することをいいます。ローンが払えなくなった住宅は、従来は裁判所の許可を得て競売という形で売却されるのが一般的でした。しかし競売の場合は官報公告によって近隣の人に知られてしまうリスクがあるうえ、応札者が現れなければ最低落札価格を引き下げて何度も入札を繰り返さなければならないといった問題がありました。一方、任意売却は通常の中古住宅を売却するのと同様のやり方で買い手を探します。そのため、売却価格も競売より高めになる傾向があります。任意売却の相談に応じている業者は、買い手探しのかたわら売却に関するさまざまな手続きについてアドバイスしてくれます。任意売却はまず銀行などの債権者から同意を取り付けることが大前提となりますが、連帯保証人がいる場合はその同意も必要となります。また、売却のスケジュールについても同意を得なければなりません。通常の住宅売却であれば「売れるまで待つ」というスタンスも可能ですが、任意売却の場合はそうも行きません。返済期限までに売るためには、売却価格の設定やその見直しなどについて債権者との交渉が必要となります。こうした交渉に係る的確な相談対応が、信頼できる業者の証しとなります。